株取引には現物外の他にどんなものがあるの?

株売買には現物株といった方法以外にもいろんな投資方法があります。 その中にはオプションがあります。このオプションは買う権利のコールとプットという売る権利とがあって、おのおのに売買ができ、これら4つのパターンの組み合わせによって、自在に投資戦法が組めるようになったデリバディブ投資です。 かなり魅力のある投資の方法ではありますが、それなりの知識が必要となります。 株式を売ったことにより、利益となった時の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の際は本人の代理で、その度に20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告の手間をかけない便利なシステムですが、損失繰越などをする時には確定申告は必要なのです。 私は、某企業の株主優待が貰いたいために株式投資を始めた初心者です。ついに最近、株式の売買をするのが嬉しくなってきました。株主優待も色々あり、その株式会社の製品がもらえたり、割引された価格で買い物ができるので、どの会社の株式を購入しようか迷ってしまいます。信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きい特徴です。特に空売りは下落相場だと大きい力を発揮し、上手に利用できれば上げ相場の際でも下げ相場の際でも儲かる武器となります。 しかし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の方は資金の管理を慎重にすることが大切です。