フラット35を申し込んだらまず審査が必要になる?

フラット35を申し込んだらまず審査が必要です。
フラット35は最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、安くても数十万?数百万単位の現金が必要となるでしょう。
住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。
申請する場合は、銀行・信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。
ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。
大事な事は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。
また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も判断されるので万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申請されると良いでしょう。
これから、新築または中古の家を購入される方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。
両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。
なのでそれ以下の金額であれば問題ありませんから・・・。
思いもしないところから援助を受けることもあるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。
これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

フラット35の審査は甘い?審査基準はどう?【通りやすい銀行!】