転職における厚生年金の扱いって?

まず、厚生年金の年金加入期間について、基本的なことを見てみましょう。
まず、被保険者期間は月単位で計算されます。
もし、月の途中で転職した場合、年金の種別変更及び加入手続きについて、1ヶ月分の厚生年金保険料を支払う必要があります。
つまり、月初めに転職すると、その月の分が被保険者期間と見なされるのです。
月の途中で新たな会社入社した場合、被保険期間は1ヶ月として計算されます。
月末に退職した場合の退職は1ヶ月分として計算されます。
逆に言えば、一般的な会社員が月末退職にすることで、保険料1ヶ月分を得することになるとも言えます。
しかし、年金加入期間に「隙間」が出来ないようにすることが重要です。
これを忘れていると、国民年金保険料が未納状態になってしまいます。
保険の掛け捨ては損なの?メリットデメリット【見直し迷っている方に...】