ニキビの予防で気を付けることは?

ニキビ予防で気をつける事は、雑菌の温床にならない環境を用意することです。
ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、例えば、枕を長年洗っていない、手で肌に触る等の行為は、お顔に菌を塗っているようなものです。
いつもに清潔にできるように意識していきましょう。
白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけるといじって中身を出してしまいます。
中からニキビの種が飛び出してくるのがとっても大好きです。
でも、5回に一回は綺麗に中身を出す事が出来ず、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビが治っても肌がクレーターのようになってしまうのです。
そのニキビの後を見ると、もうニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなって再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。
ニキビというのは、10代の若い子たちや学生たちが使う言葉で、20歳を過ぎた人はニキビではなく吹き出物といわなければならないなんていう話をよく聞きます。
先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」と、言われました。
肌のつやを保ちつつ、洗顔することが、ニキビ対策には欠かせません。
特に大人ニキビのケースは、乾燥は最も悪影響とされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎてはいけません。
牛乳石鹸ならそれができます。
ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、ニキビ予防に有効なのです。
ニキビがひどくなった時には、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。
初めてピーリングを行った時は、お肌が少しヒリッとしました。
それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、ヒリッとした感覚が消えて、ニキビがキレイに改善されました。
それ以降、ニキビができてしまうとピーリングを行うようにしています。

10代ニキビの治し方(男女別)【食生活・生活習慣改善】